シトロエンC3&C4ピカソ2010/09/25 14:32

 ルノースポールを乗った同じ日にシトロエンC3とC4ピカソにも試乗してきました。
 C3はゼニスウィンドウが頭上まであるのが特徴で、以前から見てみたくて仕方なかったのですが、結論からいうとがっかりでした。夜に乗ったせいもあるかもしれませんが、ゼニスウィンドウの開放感もそれほど感じませんでした。クルマ全体の質感が低い。ボディ剛性がないし、ミシミシといろんなところから音が出るし、風切り音もスピード出してないわりにするし、なによりもクルマのキャラクターに似合わないほどエンジンの回り方がガサツで音もうるさい。乗り心地はよかったのですが、ボディ剛性がないので道路の縞々の段差(よく峠のカーブにあるもの)では、結構刺すように突き上げがあったりします。シートもルノーに比べるとイマイチです。今回感じたのは、走る、曲がる、止まるの基本性能ができている上で「ゼニスウィンドウ」などの飛び道具がないと、欲しいと思わないということです。いくらベースモデルで203万円という輸入車にしては破格の価格だといっても、213万円で飛び道具のないポロ1.2TSIトレンドラインを買った方が、クルマ好きとしては満足できるというものです。

                            C3

 C4ピカソは以前に何度か乗ったことがありますが、相変わらずミニバンにしてはパワフルに感じました。1.6リッターの直噴ツインスクロールターボはC3の自然吸気と違ってスムーズだし静かです。6速EGSも以前に比べると変速がスムーズになった気がします。それでも変速する前にマニュアル車のように一瞬アクセルを抜く動作は必要なので、フォルクスワーゲンのDSGのようなスムーズさ、電光石火のシフトには及ぶべくもありません。逆にこれがシトロエンらしくてよいと思う方もいるかもしれませんが。足回りに関してはリアがエアサスであることもあって、シトロエンらしくソフトタッチでシートもよくできていましたが、ルノーの乗り心地・シートの良さを味わった後では色褪せて感じました。以前にディーラーの人に聞いた話では、新車時はシートは少し固く、走行距離を重ねるとたわみが出て包み込むような座り心地になるとのことでした。質感はC3のような安っぽさはなく、ボディも以前は路面が荒れたところではフロアが振動するようなところがありましたが、今回は感じませんでした。年次改良がされているのでしょうか。今回、1点だけ気になったところは、車内のこもり音です。ゼニスウィンドウに気をとられていたせいですかね、以前は気にならなかったのですがけっこう大きく感じました。
 C4ピカソは以前はほんとに欲しいクルマの筆頭だったのですが、ルノースポールを味わったあとでは、ちょっとトーンダウンしてしまいました。

                                                      C4ピカソ

コメント

_ アヴスブルー ― 2010/10/30 23:40

確かにC3、ゼニスウィンドウに魅力を感じて、実際に乗る前は欲しいクルマの筆頭でしたが、(走り、エンジンを含め全体的な)質感の無さに失望しましたねぇ。あれならパッソと変わらないですよ。むしろ、金額差を考えるとパッソの方が良いかも^^
晴天時にはゼニスウィンドウのメリットを感じたでしょうが、それでも車幅の無さからか開放感はあまり感じませんでしたね。
C4ピカソは異次元のクルマに感じました。もっとダイレクトでリニアな乗り味のミニバンなら欲しいかな・・。トヨタのノアG’sあたりに興味あります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yo-motor.asablo.jp/blog/2010/09/25/5367562/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。