日産エクストレイル ディーゼルAT2011/06/16 02:12

日産エクストレイル クリーンディーゼルに待望のATが追加されたため、1月に試乗しましたが、確認したいことがあったため、ブログupがこんな時期になってしまいました。

●外観デザイン
ディーゼルAT追加と同時にマイナーチェンジされ、フロントのバンパーやグリルの形状がエクストレイルのXをかたどったものに変更されました。個人的にはマイナーチェンジ前のモデルよりもカッコイイと思いました。サイドとリアはほとんど変わっていないと思います。



●エンジン
他メーカーのクリーンディーゼルには乗ったことがないので比べることはできませんが、このエンジンは結構ディーゼル特有のカラカラ音がします。クリーンディーゼルは昔のディーゼルより静かだという先入観をもっているとがっかりするかもしれません。吹け上がりはいいです。ターボの過給がかかればパワー感も結構あるので、このぐらいの加速であれば十分だと思いました。

●ミッション
6ATですが、特に違和感はありませんでした。

●足回り
乗り心地もよく、妙な動きもありません。よく出来ていて気に入ったのですが、唯一不満な点はステアリングが45度から90度の範囲で切り込んでいったときに、フロントに荷重をかけていないと路面の感触が伝わりにくくなり、思ったよりもノーズが入っていかないので切り足すことがあることです。セレナでも同じような現象が出ていましたが、フロントに重いディーゼルエンジンを積んでいる分、エクストレイルのほうが症状が顕著に出ていると思いました。フォルクスワーゲンなどの欧州車はフロントに荷重がかかっているかどうかにかかわらず、きちんと路面の状況を感じ取れます。こういったところを微妙な人間の感覚が走りの質感として捉えると思うのです。決して欧州車びいきではなく、エクストレイルに限らず他の日本車も、真に走りの質が高いと感じさせるクルマに仕上げて欲しいと思います。
まさか、マイナーチェンジでコストダウンしてザックスのダンパーやめちゃったなんてことはないですよね、日産さん。

●ブレーキ
車重が1690kgと結構ありますが、そのわりによく効きます。
他のグレードはFFを除き、VDC(横滑り防止装置)が標準で付きます。
セレナもそうですが、どうせなら全車標準装備にすればいいのに。

●静粛性
ディーゼル特有のカラカラ音がするので、街中のような加減速を繰り返すような場面ではあまり静かとはいえませんが、高速道路のように一定速度で走る場面では、ガソリンエンジンよりも回転が低く抑えられて、静かかもしれません。あくまで想像ですが。

●シート
フロントシートのサイズは包み込むように大きく、クッションもかなり効いているので、座り心地は良好に感じました。
リアシートも背もたれは大きく、リクライニングもするので快適です。

●内装(インパネ)
特別特徴のないインパネですが、シンプルで好感が持てます。先代の徹底的に道具感にこだわった、ともすると安っぽいつくりではなく、ところどころにメッキパーツを用いるなど少し乗用車っぽい適度な質感を感じさせるものになっています。



実用性というか道具としての使い勝手にこだわっている思われるつくりで、そういった意味ではよくできたクルマなのですが、クルマにエモーショナルなものを期待する身としては正直物足りないと思いました。価格も313万9500円と高いし、輸入車も買えるゾーンに入ってくるので、単にクリーンディーゼルだということを売りにし、高いのは仕方ないですよというのではなく、価格に見合った走りの質をもち、所有する喜びを感じさせてくれるなにかが必要ではないでしょうか。
厳しいことをいいましたが、価格に見合った価値という部分は別にして、国産車の中ではよくできていると思います。厳しさは期待への裏返しです。それだけエクストレイルには期待しているのです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yo-motor.asablo.jp/blog/2010/11/15/5504366/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。