VWシャラン2011/05/26 23:00

自動車雑誌で評判が高かったので、一度乗ってみたいと思っていました。

試乗車
VWシャラン 1.4TSIコンフォートライン 標準車 379万円(税込)

●外観デザイン
VW流のゴルフと共通のすっきりしたアクのないデザインです。日本車のように意味もないラインをたくさん入れてみたりといったデザインのための無駄なラインなどはなく、とりたてて特徴のないデザインですが、質感は高いです。


             全長4855mm×全幅1910mm×全高1750mm
                ホイールベース2920mm、車重1830kg



●エンジン
ゴルフトゥーランと同じ、1.4リッター直噴ツインチャージャーです。
スペックは若干異なり、110kW(150ps)/5800rpm、240Nm(24.5kgm)/1500-4000rpmです。
国産のフルサイズミニバンに比べると軽いとはいっても、車重が1830kgと重いこともあり、加速は可もなく不可もなくといったところ。加速感や音にも特に色気はありません。
トゥーランと違うのは、こちらにはアイドリングストップが付くことです。短時間の試乗でこちらの機能を試すことができませんでした。

●ミッション
6速湿式ツインクラッチミッションです。トゥーランと違い、こちらはズムーズに変速してくれました。

●足回り
タイヤの銘柄を確認し忘れました。
足回りはフロントがストラット、リアが4リンクと構成はゴルフと同じです。
さすがにボディが大きいので、ステアリングレスポンスもそれなりにダルです。ただし、走りなれてくるにつれて、国産のミニバンにはない一体感を感じられた気がしました。

●ブレーキ
フロントがベンチレーテッドディスク、リアがソリッドディスクです。
ブレーキバランスがいいのか、フラットな姿勢を保ったまま減速します。
ブレーキエネルギー回生システムもついていますが、特に違和感はありませんでした。

●静粛性
気にはならなかったので、それなりに静かだったと思います。

●シート
フロントシートは特に印象に残ってはいないのですが、印象に残っていないということは、不快に思うところもなかったといえます。
セカンドとサードは短時間の試乗で試すことができませんでした。

●内装(インパネ)
面白みのないデザインですが、質感は高いです。
写真ではわかりづらいですが、センターがけっこうせり出していて、圧迫感を感じました。



メーターのデザインはゴルフやゴルフトゥーランと共通です。



さすがにこの大きさのクルマを日常的に乗るのは厳しいというのが実感でした。1.4リッターでこのボディを走らせるのはすごいとは思いますが、ちょっと加速がもの足りないですね。あとは期待しすぎたせいなのか、自動車評論家の方々が言われるほどいいクルマとも思えませんでした。
今回は短時間の試乗だったので、ゴルフトゥーランとともにもう一度じっくり乗ってみたいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yo-motor.asablo.jp/blog/2011/05/25/5880385/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。