レクサスCT200h2011/06/22 00:05

結構内装のデザインが欧州車風で気に入っていたので、一度乗ってみたいと思っていました。
たまたま「人とくるまのテクノロジー展」(5/18~20)での試乗会で乗る機会を得ました。

試乗車
レクサスCT200h versionL 430万円

●外観デザイン
基本的なカタチは結構好きなのですが、センターに向かってラインが「クシャッ」と集中していってゴチャゴチャとしたフロントのデザインだけは好きになれません。プレミアムブランドとして、デザインに個性を与えることは大事だと思いますが、なんでこんな醜い顔を与える必要があるのでしょうか。




●エンジン(モーター)
1.8リッターエンジン+同期モーターの組み合わせで、メカニズムとしてはプリウスと同じ。
エンジン出力73kW(99ps)、トルク142Nm(14.5kgm)
モーター出力60kW(82ps)、トルク207Nm(21.1kgm)
プリウスよりも静かです。加速感はプリウスとほとんど変わりません。排気音は全く色気なし。

●ミッション
遊星ギアを用いたミッションです。ダイレクト感は全くなし。

●足回り
タイヤはヨコハマdB E70 R17 87Wです。
サスペンションはフロントがストラット、リアがダブルウィッシュボーンです。
一見乗り心地がいいように感じますが、細かい路面の凹凸を拾ってピッチングがシートに伝わってくるので長時間乗っていると意外に疲れそうです。
ステアリングレスポンスが最初切り込むところだけ妙にクイックで違和感を覚えました。
トヨタが考えるスポーティーとは、これみよがしの素人にウケル演出なんでしょうか。
唯一の美点はトヨタ車にしてはめずらしく、ステアリングに伝わるタイヤの接地感が、切り込んでいっても途切れないことくらいでしょうか。
自分には不満な足回りも、ジャーナリストの方々には結構評判がいいんですよね。
「F SPORT」仕様だったらまた違った印象なのでしょうか。

●ブレーキ
フロントがベンチレーテッドディスク、リアがディスクです。
回生が強すぎて、違和感を感じます。

●静粛性
静かです。
オーディオの音が安っぽかったので、がっかりしました。

●シート
ホールドは適度で圧迫感はないです。クッションや背もたれの大きさも私の体型(身長164cm)に合っています。クッションの厚みも問題なく、お尻が痛くなりそうな感触はありません。試乗車は本皮でしたが、少しすべりやすい感じでした。

●内装(インパネ)
欧州車っぽい雰囲気は個人的に気に入っています。ただし、センターコンソール下あたりのスイッチのレイアウトが煩雑で、スイッチの操作タッチもなんだか安っぽく感じました。



今回、ナビのリモコンとなる「リモートタッチ」なるものを初体験しました。
カーソルが「カクッ」、「カクッ」と画面上のボタンに誘導されるので、操作はしやすかtったです。
クルマの本質には関係のないことですが。



メーターは「Normal」モードと「Eco」モードがブルーのバック照明で、左側のメーターがモーターの出力やブレーキの回生状況を示すエコメーターとなります。
「Power」モードにすると、バック照明が赤になり、左側のメーターもタコメーターに変わります。
特別そそられるようなものはありませんが、トヨタらしく見やすいメーターです。





はっきりいって、この内容でこの価格は高すぎです。
レクサスということもあり通常のトヨタ車とは違うことを期待していたのですが、がっかりでした。
クラウンとかレクサスの高いモデルは乗ったことがないので全部ではないんでしょうが、
自分が乗ったトヨタ車ってどれもフィーリングが同じなんですよね。
ステアリングレスポンスが過剰。
アクセルレスポンスも出だしで過剰だけど回すとパワーがついてこない。
足回りはダンパーにお金をかけてないのか、低速で細かいピッチングが出る。
ボディ剛性感がない。
ここ10年、20年ほとんど進歩していないんじゃないでしょうか。
自分がクルマに憧れた80年代頃のトヨタ車のほうがよっぽど良かったと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yo-motor.asablo.jp/blog/2011/05/30/5890629/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。