ホンダ フリード2011/07/14 22:45

デビューしてから結構経ちますが、気にはなっていたので乗ってみました。

試乗車
フリード Gエアロ FF 7人乗り  標準車 201万3千円

試乗車装着オプション
右側パワースライドドア&スマートキー 105000円
HDDインターナビ    241500円
試乗車価格 235万9500円

●外観デザイン
ホンダらしく余計なラインが多いデザインだと思います。サイドのラインは大胆に抑揚をつけすぎていて、こじんまりとしたフロントや頭でっかちなリアのデザインとマッチしてないように感じます。

              全長4215mm×全幅1895mm×全高1715mm
                ホイールベース2740mm、車重1310kg



●エンジン
1.5リッター直列4気筒SOHC4バルブ
87kW(116ps)/6600rpm、144Nm(14.8kgm)/4800rpm
車重1310kgと重いため、このエンジンに対してはチョット非力です。
振動は少ないです。音はそれなりで、かっこいい音ではありません。
トレジアの1.5より数段マトモです。

●ミッション
CVT自体のすべり感は少ないほうです。
パドルシフトがないのが残念。

●ハンドリング
素直に切った分、イメージしたとおりに曲がっていきます。但し、路面の感触は全く伝わってきません。もうちょっと重みがあってもいいかも。

●足回り
サスペンションはフロントがストラット、リアがトーションビームです。
タイヤはサイズが185/65R15 88S  銘柄はTOYO TRAMPATH J50 
微小な振動が伝わってきますが、基本的には乗り心地はいいと思います。

●ブレーキ
フロントがベンチレーテッドディスク、リアがドラムです。
特に違和感はありません。
急ブレーキをかける機会がありましたが、つんのめることもなく、フラットな姿勢で停止したので、
関心しました。

●静粛性
あまり静かなほうではありませんが、耳障りではありません。トレジアよりマシです。

●シート
フロントシートは結構座り心地はいいです。クッションの厚み、クッション・背もたれの大きさとも不満はありません。セカンド、サードは走行状態では乗っていませんが、7人乗り仕様はどちらも結構いい座り心地でした。ただしさすがにサードシートの足元は窮屈でした。
それにしてもこれだけは言っておきたいのですが、なぜフロントシートのシートベルトにアジャスタブル機能がないのでしょうか。おまけにシートリフターもないので、背の低い人ではシートベルトがちょうど首のところにきて危険です。


●内装(インパネ)
いいもの感はありませんが、シンプルでいやみがなく、個人的には好きなデザインです。インパネが低いので、前方の開放感があるのもいいです。



メーターは見やすいですが、面白みはありません。
 


3列目シートと両側パワースライドドア、それにナビがついているとはいえ、1.5リッターのクルマが諸経費込みで約250万円もするとは、時代は変わったものです。いくら快適装備が付いているとはいえ、この質感のクルマに250万円も出す気には到底なれませんでした。道具と割り切る
には値段がちょっと高いと思います。またこれだけの値段なのに、シートベルトアンカー調整やシートリフターすらついていないことにも納得がいきませんでした。
とはいえ、シート下に長物を入れられたりするので、ストリームやプレマシーより小さいにもかかわらず、使い勝手ではこちらのほうがよい場面もあり、売れているのも良く分かります。
でもクルマ好きの私からみたら、ストリームやプレマシーのほうが使い勝手では劣るかもしれませんが、値段なりの満足感が得られる気がしました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yo-motor.asablo.jp/blog/2011/07/10/5950187/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。