日産エクストレイル ディーゼルAT2011/06/16 02:12

日産エクストレイル クリーンディーゼルに待望のATが追加されたため、1月に試乗しましたが、確認したいことがあったため、ブログupがこんな時期になってしまいました。

●外観デザイン
ディーゼルAT追加と同時にマイナーチェンジされ、フロントのバンパーやグリルの形状がエクストレイルのXをかたどったものに変更されました。個人的にはマイナーチェンジ前のモデルよりもカッコイイと思いました。サイドとリアはほとんど変わっていないと思います。



●エンジン
他メーカーのクリーンディーゼルには乗ったことがないので比べることはできませんが、このエンジンは結構ディーゼル特有のカラカラ音がします。クリーンディーゼルは昔のディーゼルより静かだという先入観をもっているとがっかりするかもしれません。吹け上がりはいいです。ターボの過給がかかればパワー感も結構あるので、このぐらいの加速であれば十分だと思いました。

●ミッション
6ATですが、特に違和感はありませんでした。

●足回り
乗り心地もよく、妙な動きもありません。よく出来ていて気に入ったのですが、唯一不満な点はステアリングが45度から90度の範囲で切り込んでいったときに、フロントに荷重をかけていないと路面の感触が伝わりにくくなり、思ったよりもノーズが入っていかないので切り足すことがあることです。セレナでも同じような現象が出ていましたが、フロントに重いディーゼルエンジンを積んでいる分、エクストレイルのほうが症状が顕著に出ていると思いました。フォルクスワーゲンなどの欧州車はフロントに荷重がかかっているかどうかにかかわらず、きちんと路面の状況を感じ取れます。こういったところを微妙な人間の感覚が走りの質感として捉えると思うのです。決して欧州車びいきではなく、エクストレイルに限らず他の日本車も、真に走りの質が高いと感じさせるクルマに仕上げて欲しいと思います。
まさか、マイナーチェンジでコストダウンしてザックスのダンパーやめちゃったなんてことはないですよね、日産さん。

●ブレーキ
車重が1690kgと結構ありますが、そのわりによく効きます。
他のグレードはFFを除き、VDC(横滑り防止装置)が標準で付きます。
セレナもそうですが、どうせなら全車標準装備にすればいいのに。

●静粛性
ディーゼル特有のカラカラ音がするので、街中のような加減速を繰り返すような場面ではあまり静かとはいえませんが、高速道路のように一定速度で走る場面では、ガソリンエンジンよりも回転が低く抑えられて、静かかもしれません。あくまで想像ですが。

●シート
フロントシートのサイズは包み込むように大きく、クッションもかなり効いているので、座り心地は良好に感じました。
リアシートも背もたれは大きく、リクライニングもするので快適です。

●内装(インパネ)
特別特徴のないインパネですが、シンプルで好感が持てます。先代の徹底的に道具感にこだわった、ともすると安っぽいつくりではなく、ところどころにメッキパーツを用いるなど少し乗用車っぽい適度な質感を感じさせるものになっています。



実用性というか道具としての使い勝手にこだわっている思われるつくりで、そういった意味ではよくできたクルマなのですが、クルマにエモーショナルなものを期待する身としては正直物足りないと思いました。価格も313万9500円と高いし、輸入車も買えるゾーンに入ってくるので、単にクリーンディーゼルだということを売りにし、高いのは仕方ないですよというのではなく、価格に見合った走りの質をもち、所有する喜びを感じさせてくれるなにかが必要ではないでしょうか。
厳しいことをいいましたが、価格に見合った価値という部分は別にして、国産車の中ではよくできていると思います。厳しさは期待への裏返しです。それだけエクストレイルには期待しているのです。

VWシャラン2011/05/26 23:00

自動車雑誌で評判が高かったので、一度乗ってみたいと思っていました。

試乗車
VWシャラン 1.4TSIコンフォートライン 標準車 379万円(税込)

●外観デザイン
VW流のゴルフと共通のすっきりしたアクのないデザインです。日本車のように意味もないラインをたくさん入れてみたりといったデザインのための無駄なラインなどはなく、とりたてて特徴のないデザインですが、質感は高いです。


             全長4855mm×全幅1910mm×全高1750mm
                ホイールベース2920mm、車重1830kg



●エンジン
ゴルフトゥーランと同じ、1.4リッター直噴ツインチャージャーです。
スペックは若干異なり、110kW(150ps)/5800rpm、240Nm(24.5kgm)/1500-4000rpmです。
国産のフルサイズミニバンに比べると軽いとはいっても、車重が1830kgと重いこともあり、加速は可もなく不可もなくといったところ。加速感や音にも特に色気はありません。
トゥーランと違うのは、こちらにはアイドリングストップが付くことです。短時間の試乗でこちらの機能を試すことができませんでした。

●ミッション
6速湿式ツインクラッチミッションです。トゥーランと違い、こちらはズムーズに変速してくれました。

●足回り
タイヤの銘柄を確認し忘れました。
足回りはフロントがストラット、リアが4リンクと構成はゴルフと同じです。
さすがにボディが大きいので、ステアリングレスポンスもそれなりにダルです。ただし、走りなれてくるにつれて、国産のミニバンにはない一体感を感じられた気がしました。

●ブレーキ
フロントがベンチレーテッドディスク、リアがソリッドディスクです。
ブレーキバランスがいいのか、フラットな姿勢を保ったまま減速します。
ブレーキエネルギー回生システムもついていますが、特に違和感はありませんでした。

●静粛性
気にはならなかったので、それなりに静かだったと思います。

●シート
フロントシートは特に印象に残ってはいないのですが、印象に残っていないということは、不快に思うところもなかったといえます。
セカンドとサードは短時間の試乗で試すことができませんでした。

●内装(インパネ)
面白みのないデザインですが、質感は高いです。
写真ではわかりづらいですが、センターがけっこうせり出していて、圧迫感を感じました。



メーターのデザインはゴルフやゴルフトゥーランと共通です。



さすがにこの大きさのクルマを日常的に乗るのは厳しいというのが実感でした。1.4リッターでこのボディを走らせるのはすごいとは思いますが、ちょっと加速がもの足りないですね。あとは期待しすぎたせいなのか、自動車評論家の方々が言われるほどいいクルマとも思えませんでした。
今回は短時間の試乗だったので、ゴルフトゥーランとともにもう一度じっくり乗ってみたいと思います。

VWゴルフトゥーラン2011/05/22 00:33

以前、モデルチェンジ前のものには2度ほど乗ったことがありますが、新型はどのあたりが進化しているのか、とても興味がありました。また自分が欧州車に興味を持ちはじめたきっかけのクルマでもあるという意味でも、原点確認をしたかったということもありました。

試乗車
VWゴルフトゥーラン TSIハイライン 標準車 339万円(税込)

下のグレードのトレンドラインとは価格差46万円。
装備内容を考えるとあまりお買い得とはいえない価格差です。
特に欲しい装備がなければ、トレンドラインのほうがお徳です。
339万円の価格が絶妙で、他の輸入車高くライバルは存在しませんし、国産のミニバンともサイズや価格が違い、こちらもライバルがありません。


●外観デザイン
クリーンなデザインですが、あまり面白みはありません。しかし、このようなミニバンタイプのクルマでCD値0.29というのは驚きです。高速は乗っていませんが、風切音も少ないでしょうし、燃費にもきっといいでしょう。話がそれてしまいますが、最近国産車は一部の車種を除きこのような数字を公表していませんが、震災復興のためにもCD値を含め真に長距離移動が快適にできるクルマの開発をしてもらいたいものです。私は知らない土地へ旅行に行くのが好きなので、東北の知らない土地へでも旅行して現地でお金を消費すれば、その町の経済復興に貢献出来ると思いますが、国産車には長距離移動に耐えるクルマが少ないように思います。室内の静粛性、燃費、シートの出来等、要素はいろいろありますが、国産車は室内の広さと燃費をよくすることだけに偏りすぎている気がしてなりません。室内空間が多少狭くても、シートが快適であればそれほど体を開放する空間は必要ないと思いますし、静粛性が高ければ、長時間乗っていても披露は少なくなるでしょう。そういったところはこのゴルフトゥーランはまじめに作られていると思います。


              全長4405mm×全幅1795mm×全高1670mm
                ホイールベース2675mm 車重1580kg
                一見たいして変わらないようにみえますが
                ドアパネル以外はすべて一新しています。
                    車重は旧型比-20kgです。

              このテールランプはちょっとかっこ悪くないですか?
                  個人的には旧型のほうが好きでした。

          旧型のサンルーフよりも大型化され、パノラマサンルーフとなった。


●エンジン
VWが先鞭をつけたダウンサイジング直噴ツインチャージャーユニットです。
低回転をスーパーチャージャーが、高回転をターボが過給します。
103kW(140ps)/5600rpm、220Nm(22.4kgm)/1250-4000rpmで、車重が1580kgと結構あり、アウディに乗った後でもあったので特別パワフルには感じませんでしたが、ミニバンということを考えれば加速はいいほうだと思います。このエンジンの特徴は旧型に対して最大トルクの発生回転数が1250rpmと低くなっていることですが、体感上はわかりませんでした。乗り比べれば分かる程度の差でしょうか。
残念なのは、なぜシャランにはアイドリングストップとヴレーキエネルギー回生システムをつけたのに、トゥーランにはつけなかったのかということです。直噴ダウンサイジングエンジン+ツインクラッチミッションがVWの売りでしたが、日本の街中で使うと燃費が悪くなるという欠点がわかってきたので、ぜひ今後はトゥーランに限らずVWのクルマすべてにアイドリングストップ+ブレーキエネルギー回生システムをつけてもらいたいものです。

●ミッション
こちらもVWが流行らせた7速乾式ツインクラッチトランスミッションです。
試乗車にはパドルシフトが付いていましたが、変速のレスポンスは申し分ないです。
個体差かもしれませんが、試乗したクルマは妙に発進時のつながりにギクシャクした感触がありました。
シフトレバーの操作時の節度感が、アウディに比べ安っぽく感じました。

●足回り
ゴルフと共通でフロントがストラット、リアが4リンクの4輪独立懸架です。
乗り心地はあまり印象に残っていないのですが、印象に残っていないということは不快に思うところがなかったということだと思います。
ハンドリングはこちらもアウディに乗った後であったため、旧型に乗ったときよりもレスポンスがダルに感じました。

●ブレーキ
特に不満に思うところはありませんでした。

●静粛性
旧型に比べて静粛性は上がっていると思います。より長距離移動が快適にできると思います。

●シート
上級グレードのため、表皮がアルカンターラとなっており、この手触りはけっこういいと思いました。
フロントシートはサイズ、形状、クッション性等すばらしくフィットしていました。
残念なのはセカンドシートです。クッションの厚み自体はいいのですが、角度が平らすぎて体が前へずれそうになってしまうのです。この1点だけで、このクルマを買う気が失せてしまいました。
今回サードシートは試乗しませんでしたが、フロアとヒップポイントの段差がなくて体育座りっぽくなってしまうため、近所の食事や買い物に行くといった程度にしか使えないでしょう。



●内装(インパネ)
形状は旧型と同じですが、色がグレーから黒基調へと変わり、ところどころにクロームメッキがあしらわれていて質感が向上されています。質感は高いですが、こちらも外装デザイン同様実用一辺倒という感じで面白みに欠けます。



メーターも新形状で、ゴルフⅥと同じ文字盤が白を基調としたものに変更されています。
個人的には旧型のブルー照明が好きだったのですが、アウディで見慣れたせいか「これも悪くない」と思うようになりました。



アウディの後に乗ってしまったのがいけなかったのか、今回はあまり魅力を感じられませんでした。もう一度、これだけで試乗に行ってみたいです。

ミニクロスオーバー2011/05/20 11:35

ちょっと気になっていたミニクロスオーバーにやっと試乗できました。
普通のMINIに乗っている人に言わせると、クロスオーバーはMINIではないなんてコメントも
聞かれますが、家族持ちの自分としては、MINIのような個性的なクルマに家族4人が不自由
なく乗れるということ自体が、うれしいことだと思って期待したのですが...

試乗車
MINI CROSSOVER ONE 6AT 標準車 278万円

MINIはオプションが豊富なので、自分の欲しいオプションをつけると400万、500万なんて
あっという間にいってしまいます。プレミアムブランドなんていっていますが、ちょっと高い
ですよね。

●外観デザイン
ショウルームで見たときはあまり感じなかったのですが、街中でみるとけっこう大きくていかつく感じます。MINIっぽいけど普通のMINIとはけっこう違いますよね。でも雰囲気だけはけっこう感じられると思います。


             全長4105mm×全幅1795mm×全高1550mm
                ホイールベース2595mm、車重1350kg
                写真はクーパー。 外観上の違いは
                ・グリルの横三本の桟がメッキでないこと
                ・ホイールがアルミではなくスチールになること
                ・屋根はボディと同色





●エンジン
プジョー・シトロエングループと共同開発した
1.6リッター直4、72kW(98ps)/6000rpm、153Nm/3000rpm
パワー的にはこれでもまったく問題なかったのですが、とにかくうるさい!
いい音じゃなくて、がさつで雑音みたいな音なんですよね。
以前同じエンジンが載ったシトロエンC3にも試乗しましたがまったく同じで、うるさくて幻滅した覚えがあります。ほかのところがどんなに良くても、これだけで買う気が失せます。

●ミッション
トルコン式の6ATです。特別不満は感じませんでした。

●足回り
タイヤはミシュラン ENERGY SAVER 205/60R16 92H です。
サスペンションはフロントがストラット、リアがマルチリンク。
普通のMINIは乗ったことがないので比べられませんが、車体をフラットに保ち、乗り心地はけっこういいと思います。
ステアリングは直進安定性が非常に高いですが、切り込んでいくときに少し抵抗を感じます。
フロントサスペンションのキャスター角を結構つけているんじゃないでしょうか。
ボディの剛性感もあります。

●ブレーキ
特に不満は感じませんでした。

●静粛性
エンジンの音がけっこう入ってくるので、うるさいです。
オーディオの音もアウディA1に比べるとショボイかったです。

●シート
フロントシートはクッションの座面が少し長いですが、ホールド感は申し分ないです。
残念だったのはリアシートだす。5人乗り仕様でしたが、特に背もたれが硬く突っ張っているので、体の収まりが悪いんです。買う前に気がつけばいいけれど、これじゃせっかく家族が乗れると期待して買った人たちも、買った後に後悔してるんじゃないでしょうか。サスペンションの乗り心地がいいのでまだ救われてますが、シートの出来の悪さをサスペンションがカバーしている珍しいクルマです。

●内装(インパネ)
もうこれはMINIワールド全開といったところでしょうか。私のほうからコメントするようなことはないです。このデザインが好きか嫌いかだけだと思います。個人的には細かいところまで手抜かりなくデザインされていて好きですね。残念なのはグレードがONEだとメッキパーツが少ないので、ちょっと安っぽく感じるところでしょうか。展示場で見たMINIクラブマンのクーパーSはデザインは基本的に同じなのですが、同じとは思えないくらい高級感漂うものでした。ONEでもオプションでメッキパーツとか付けられるのでしょうか?


            パワーウィンドーのスイッチ1つからデザインされている
            こだわりのインテリア

                            ドアトリムが前と後ろで連続していて楕円を描いている


                               クロスオーバーの特徴であるセンター・レール


エンジンだけでも買う気が失せましたが、全体的に味付けが人工的な感じがするのも気に入りませんでした。そう感じるのは私だけでしょうか?なんだか、自分の感覚にフィットしないクルマでした。

アウディTTクーペ2011/05/16 23:55

4台目のアウディ車はTTです。

試乗車
2.0TFSI FF 標準車 460万円(税込)

●外観デザイン
キャビンが前寄りでホイールアーチが4輪とも大きく張り出している、TTクーペ独特のデザインです。個人的には初代がデビューしたときほどの衝撃は2代目には感じませんでした。今見ると初代も古さを感じますが、2代目は細部を洗練させた分、TTクーペならではの個性が薄れたように思い、先代ほど好きではありません。


             全長4190mm×全幅1840mm×全高1340mm
                ホイールベース2465mm、車重1340kg
  



●エンジン
ゴルフGTIと同じ2リッター直噴ターボで
155kW(211ps)/4300-6000rpm、350Nm/1600-4200rpm です。
吹け上がりは軽快で、車重が1340kgとアウディ車の中では軽量なこともあり、ここまでのパワーはいらないと思わせるほどパワーがあり、クルマがとにかく軽く感じます。
エンジン音は車内で聞いていると、こもっていてあまりいい音に聞こえないのですが。窓を開け外の排気音を聞くと低音の効いたいい音を響かせていました。

●ミッション
Sトロニックと呼ばれる6速湿式ツインクラッチミッションです。これもゴルフGTIと共通です。
A4ほど感動はしませんでしたが、レスポンスもよく、特別不満になるようなところはありませんでした。シフトレバーの位置も適切で操作の感触もよかったです。パドルシフトが標準でついていました。

●足回り
タイヤはポテンザRE050A サイズを確認するのを忘れていました。
サスペンションはゴルフと共通で、フロントがストラット、リアが4リンクの4輪独立懸架です。
タイヤは特にA1ほどの硬さは感じませんでした。
ステアリングは電動パワステで、操作も非常に軽く、スポーツカーに乗っているという感触ではありません。車重の軽さからくる軽快さもスポーティーさを感じさせるのではなく、自分には逆に安っぽいクルマのように感じられてしまい、A4のどっしりした中にも動きの軽快さがあるほうがよかったというのが正直なところです。TTはFF、A4は4駆という駆動方式の違いもあると思うので、機会があればクアトロにも乗ってみたいです。

●ブレーキ
こちらもA4ほどの強力な印象はありませんが、特に不満はありませんでした。

●静粛性
エンジンのこもり音が少し気になりますが、特別不満には思いませんでした。

●シート
非常にポジションが低いところまで下がるので、足を前方に投げ出し、ステアリングが正面にくるスポーツカーのポジションがとれます。ただし、スポーツカーに乗っているというタイトなホールド感はありません。座り心地自体はよく、特に不満に思うところはありませんでした。

●内装(インパネ)
初代のイメージをそのまま引き継ぎ、細部の質感を向上させている印象です。質感は高いですがとりたててスポーティーという雰囲気ではありません。


メーターの文字盤は字体も色も他のアウディ車と同様で、非常に見やすく質感も高いですが、特別スポーティという感じではありません。


ちょっと期待して乗ったのですが、なんだかスポーティーカーに乗っているという感じが非常に薄いクルマでした。速さだとか性能はそれなりいいと思うのですが、走る楽しさだけでいったらA4のほうがよほど楽しく感じました。ガチガチのスポーツカーは欲しくないけど、外見はクーペでスポーティーに見えるのがいいという、昔日本で流行ったスペシャルティーカーといったところでしょうか。個人的にはこの走りの雰囲気でこの価格だったら買わないですね。