幼稚園マーチングバンド2010/10/06 00:51

 先日、町田市の交通安全イベントが町田ドライビングスクールで行われ、我が次男坊の幼稚園がマーチングバンドを組んで参加しました。前日に熱を出してしまったのですが、記念となるイベントなので参加させてしまいました。 
 当日は日差しが強く、体調の悪い息子にはきつかったと思います。演奏している途中でもうろうとし倒れそうだったので、先生に話をして引き上げさせようとしたのですが、息子は最後までやると言い張って頑として動こうとしなかったので、先生も引っ込んでしまいました。その息子の最後までやり抜こうとする姿勢をみて、思わず涙が出そうになってしまいました。
 その日は映画で出演されているスタントの方々が交通事故の再現を行っているのを見られたりして、なかなか有意義な1日でした。

モータースポーツジャパン20102010/10/05 23:59

 10/3(日)お台場で行われたイベントに行ってきました。2008年に続き、参加は2回目。いやぁ、モータースポーツ好きにはたまらないイベントですね。今回はさらに市販車にも同乗試乗できるイベントまであったりして、年々規模が大きくなってますね。それにしても今回は相当自分のやりたいことをガマンして子供サービスしたつもりです。(ウソ)
 それにしてチョーお徳なイベントです。だって普通サーキットにレース見に行ったって、パドックパス買わなかったらこんな間近で選手と接する機会なんてないですよ。しかもこのイベント無料ですから。F1で走ってる小林可夢偉選手まで来てました。4年前にこの企画を立ち上げたマッチ(近藤真彦)のちからは偉大です。感謝です。

                                                 脇坂 寿一 選手

               
                    小暮卓史選手と道上龍選手        

                   井出有治選手と井沢拓也選手

                        ホンダHSV010

                       小林 可夢偉 選手  

                       談笑する選手たち

初めての鈴鹿サーキット2010/08/08 09:28

 夏期休暇で8/5(木)~8/7(土)の間、西へ旅行に行ってきました。家族そろって2泊の旅行は初めてです。行きは八王子インターから高速に乗って塩尻へ。塩尻から国道19号(中仙道)を通り、奈良井宿に立ち寄りました。江戸時代の宿場町がそのまま残っているとのことで期待していたのですが、ところどころ近代的な家に建て替わっているところがあって、宿場町っぽい統一感が感じられなくて残念でした。1軒だけ当時の長屋を見学(有料)できるようになっていて、そこは当時の生活感が感じられてよかったです。恵那峡で船に乗りたかったけれど、途中で休憩していたら間に合わなくなってしまい、1日目はほとんど移動で終わってしまいました。旅籠屋土岐店に宿泊。食事は付かないけれど、きれいだし、安いし、気楽な雰囲気がよいです。



 2日目(8/6)にいよいよ鈴鹿サーキットに向かいました。9:00に出発しましたが、途中渋滞もあり到着したのが11:30。もっと山奥にあるのかと思っていたので、意外と町中なところにあってビックリ。コンビニで急いで昼飯をかきこみ、いよいよ念願の鈴鹿サーキットへ。ところが駐車場に入るのに1000円払い、入り口で入場料を見てまたビックリ。なんと大人1600円もするではありませんか。いくら遊園地入園とセットになっているとはいっても、ただサーキットが見たいだけだった私からすると納得がいきませんが、払うより仕方ありません。でもグランドスタンドに入ってコースを見たら感動してしまいました。メインストレートはテレビで見るより傾斜がすごかった。改修する前の状態は知る由もありませんが、グランドスタンドもピットもとてもきれいでした。地形のせいでS字から先が見えなかったのが残念でしたが、1200円でゴーカートに乗ってサーキットを1周できるのもあるので(当日は残念ながらやっていませんでした)、次回来た時はぜひ乗ってみようと思いました。2日目の宿はまたもや旅籠屋(彦根店)。



 3日目(8/7)は彦根城と甲賀流忍術屋敷へ。残念なことに長男が熱を出してしまいましたが、どうしても見たいというので背負って城見学をするハメに。彦根城ではもう一つのお目当てがありました。「ひこにゃん」です。これがかわいかった。売っているキャラクターグッズより本物のほうがかわいかった。それにしてもアイドルなみの人気でびっくりしてしまいました。ひこにゃんを惜しみつつ、甲賀流忍術屋敷へ。そこは現存する唯一の忍者屋敷で300年経っているそうです。からくりも当時のままだそうです。熱を出した長男が最も来たがっていた場所でした。屋敷の案内の人が「僕元気ないけど大丈夫?」と声を掛けてくれて、熱が出ていることを告げると、「畳のところで休んでていいから」といって奥へ案内してくれました。彦根城の売店でもつらそうにしていると「氷水あげようか」って声をかけてくれたり、こっちのほうの人はなんて人情味があるんだと感動しました。少し休んで動けるようになってから、子供たちは忍者の衣装に着替えて屋敷の中のからくりを見て回り、手裏剣投げも楽しみました。熱が出てなければもっと楽しめたのに。つくずく残念です。「元気なときにまた来よう」と誓って、さよならしました。屋敷をでたのが16:00。途中休憩しながら家にたどりついたのは0:30。いや~帰りは長かった。それにしても帰りは高速1000円でよかったぁ。今回の旅行は楽しかった。またいくぞぉ。